So-net無料ブログ作成

子供を大好きっ子に育てるには・・・ [育児]

スポンサーリンク


こんにちは。
ブログをご覧になっていただきありがとうございます。
息子も幼稚園生になり、少し自分の時間が確保できるようになってくるかなぁ?と思っています。
これまではなかなかパソコンを開いている時間も体力も(すぐに睡魔に襲われる!)少なかったのですが、これからは手書きの日記帳に書き留めた出来事も時間がある時に過去記事としてアップしていきたいなぁと思っていまーす(´∪`*)

**************************************


現在年少さんの息子のカブちゃんは、
とてもお手伝いが好きで、助かるやら困るやら?(^_^;)

まだまだ小さいので時間もかかるし、二度手間になってしまうというのが正直なところではありますが、「お手伝いしたい!」という意欲は親として嬉しいし、子供の成長にとって良いことであるのは間違いなので、私は時間の許す限りお手伝いをしてもらっています。

最近では幼稚園に行く前、私が自分の身支度をしている時に、洗濯機が洗い終わって止まっているのを確認すると、フタを開けて洗濯かごに洗濯物を移してくれます!
そして重たいカゴを一人で運び「カブ、ちょっと、干すね!」と言うので、洗濯ピンチを手の届くところに下げてあげると、せっせと全部干してくれるのです!(後でこっそりやりなおしはしますが・・・。゚(´^o^`)゚。)

以前に私が「カブちゃんありがとう~!ぜーんぶカブちゃんが干してくれたからママのお仕事なくなっちゃったよ!ママ助かるぅ~♡(*>ω<)ω<*)ギュ~ッ♡」と言ったことがあったので、登園前に干し終えたカブちゃんは満足そうに「カブ、ぜーんぶやっちゃったから、パパも会社なくなっちゃうね!」と言っていました。「お仕事がなくなる」→「だから会社もなくなる」と解釈したようです・・・
可愛いなぁ(*´∀`*)

気が利く一面もありまして・・・
トイレットペーパーを使い切ったらちゃんと補充を取に行き、しかもその後、残りのトイレットペーパーの袋をカブちゃんの電車のシールで閉じてありました!
うーん、なんて几帳面な子に育っているのかしら(人´ω`*)♡


思い返せばカブちゃんは立って歩けるようになってから、私のやっていることはなんでも一緒にやりたがり、覚えたことは先回りしてお手伝いしてくれるようになりました。

掃除機をかけ終わったのを見ると、さっとコンセントを抜いてくれたり、食事の後のテーブルを布巾で拭いてくれたり、日常のささいな事をちゃんと観察して覚えて実行してくれるのです!


なぜお手伝い好きになったのか?

スポンサーリンク


私が子供への接し方で気を付けていることが二つあります。

①子供の好奇心(やりたがること)に『ダメ』を極力言わない
②世話をやき過ぎない

子供の学びには遊びも、お手伝いも、お勉強も、なんの境界もありません。
『学びたい』という気持ちのかたまりなんです。

やりたい意欲をかき消さないで、どんどん伸ばしていきたいと思い上記の二つを心掛けています。
②に関しては親がなんでも先回りしてお世話をし過ぎてしまうと自分で考える習慣も身につかないなと思うので、カブちゃんが自分でやろうとしていることや、これはもうできるはずと私が判断したことはなるべく自分でやらせるようにしています。

①に関してですが・・・
これは正直なかなか難しいですよね。「ダメ」と言わざるをえない場面や時間的な問題は必ずあります。ストレスもたまります。
でも意識していないと、つい「ダメ、ダメ!」ばかりになってしまうので、できる限りやりたいという気持ちに答えてあげられるように意識して過ごしています。

少しの(たくさんの!?)我慢が、よく動き、よく考える、気の利く子供を育てるのかなーって思います!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました