So-net無料ブログ作成
検索選択

寒天を食べて近年大注目の若返り菌を増やそう! [健康・美容]

スポンサーリンク




こんにちは。
ブログをご覧になってくださりありがとうございます。(*´∀`*)

先月(いつ頃だったかな~?)、テレビ『主治医が見つかる診療所』で10歳若返るぞプロジェクト第7弾として若返り菌について特集されていました。

「え?なになに?若返り菌?そんなものあるの!?」とアラフォーママとしては興味津々でして、メモを取りながら番組を拝見しておりました。

ずーっと手帳にペロンと挟んだまんまになってしまっていたので、無くしてしまう前にここへまとめておきたいと思いまーす。


さて、美容や健康を維持するには腸内の環境を良くすることが不可欠とも言えますよね。腸内環境が悪いとお肌の状態は悪くなるし、脳にも影響があるんです。
腸内フローラを改善して若返りたーい!というか若さを維持したーい!

そして近年大注目なのが『エクオール産生菌
このエクオール産生菌とは腸内で大豆イソフラボンを分解してエクオールという物質を作りだします。
そしてこのエクオールが女性ホルモンと似た働きをしてくれるて、肌がキレイになる更年期障害骨粗しょう症乳癌の予防につながるのです!

こういった働きにつながるのが若返り菌と言われる所以なんですね~。


ではでは!どうすれば腸内の若返り菌をふやせるの?

それには大豆製品と食物繊維を摂取するといいのですが、他に、
食べても痩せられて、若返り菌も増やしてくれる、素晴らし~い食材があるのです。

スポンサーリンク



それは、寒天です!

寒天は水溶性と不溶性の食物繊維両方の働きを持ちます。
粉寒天2gを200gの水で溶かして製氷皿で固まらせます。この一皿が1日分の摂取量になります。
実験ではたった5日間食べ続けただけで若返り菌の他にも長寿菌と言われる酪酸産生菌ビフィズス菌、も2倍以上に増えたそうです!

寒天てあんみつのような「おやつ」としての食べ方しかしたことがなかったのですが、番組ではお料理での活用方法の紹介もあり、とても参考になりました!


まず産地である長野県の方々は次のような食べ方をするそうです。

・糸寒天をそのままお味噌汁に加えて食べる
・ご飯に寒天を加えて炊き込む。2号に対して寒天3-4g。
・蕎麦稲荷に糸寒天を混ぜる
・角寒天の肉巻
・三杯酢に角寒天を浸して、それを胡瓜と一緒にハムで巻く。
・ポテトサラダを寒天で固める(マヨネーズを使わないで塩で味付けした溶かした寒天を混ぜ込み、型に入れて冷やし固める。)


この情報を知った後、さっそく粉寒天を買ってきて、まずは何の工夫もなしにとにかく寒天を作ってみました。
私的には過去にあまり寒天を好んで食べたことはなかったのですが、まずはシロップをかけて食べてみました。

・・・・うん、案外美味しいじゃない?

次、サラダに加えてみました。
寒天サラダ

シンプルにビネガー系のドレッシングで。

・・・・あら!いけるいける!

次はお弁当の1品にも使えるポテトサラダに。
IMG_0808.JPG

製氷機で四角く作ってみました。お花型の人参を一緒に固めています。

あらあら!いけるいける!美味しいじゃなーい!(*ゝωб*)b

そして今ではご飯を炊く時にも寒天を加えて炊いています。
ご飯は寒天を加えたことで味や食感には何も変化はありません。
でも食物繊維はアップしているはず!(*゚∪^☆)v

これからも寒天生活続けたいと思いまーす!


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました